加齢と共に活用

現在、虫歯や事故で歯が欠損してしまった場合、そうした箇所の機能を補う治療方法は多様に存在しています。なかでも部分入れ歯は古くから用いられてきた、身近な治療方法の一つです。 部分入れ歯は残された歯に器具を掛ける事により、人工の歯を取り付ける治療方法です。 取り外し可能な歯ですから、毎日小まめに清掃して、清潔を保つ必要があります。部分入れ歯を手に入れた場合は専用薬剤を購入して汚れを落とすようにしましょう。 ちなみに部分入れ歯を前歯に取り入れる場合、留め具部分には白い素材を使うようにしましょう。笑った際にはたから目立ちませんので大変便利です。 部分入れ歯はインプラントと異なり、体内に器具を埋め込む必要がありませんので、安心安全な治療方法であると言えます。

歯の機能を補うために部分入れ歯を作るメリットは多様に存在していますが、なかでも最も大きいのが残された健康な歯や歯茎に傷を付けなくて良いと言ったポイントです。部分入れ歯はあくまでも留め具を使って口内に装着しますので、他の歯を削る必要がありません。 またインプラントは一度の手術に数ヶ月ほどの時間を要するのが普通ですが、部分入れ歯は歯型をとった後、数週間以内に作製する事が可能です。 自分の歯に合った部分入れ歯を作ってもらうために、腕の良い歯科医に作ってもらうようにしましょう。 また一般的に部分入れ歯を作る場合、保険適用内で入れ歯を作ってもらえますので、インプラント手術を行なうより遥かに安価で作製できます。